はじめての日本発ブランド The First Brand in Japan

日本が太平の永い眠りからようやく目覚めたころ、開港直後の横浜から海 を渡って行ったメイドインジャパンがありました。 シルクのドレス、スモーキングジャ ケット、ハンカチーフ、ネクタイ、パジャマ、ストッキングそしてスカーフなど。

今から百五 十年も前、ヨーロッパの貴婦人たちを夢中にさせた和のブランドが、すでに横浜で活動し ていたのです。 其の軌跡を掘り起こしていくと、和魂洋才の精神を持った人物にたどり着 きます。絹織物商椎野正兵衛。 明治維新というステージに立ち日本発のブランドを世界に 飛び立たせた先駆者でした。

When Japan finally emerged from her long Edo period(1603- 1868) of isolation, certain Japanese products - silk dresses, smoking jackets, handkerchiefs, ties, pajamas, stockings, scarves, pottery - were exported.

One-hundred-and-fifty years ago, Yokohama led the way with Japanese brands that noblewomen from Europe became fascinated with.  This is the story of one man who had knowledge of the West as well as a Japanese spirit - the silk merchant Shiino Shobey - a pioneer whose brand took off against the background of the Meiji Restoration.