Topics

 

イギリスVictoria&Albert Museum 催事のお知らせ [2020/8/5 トピックス 記述者:椎野]

世界的なコロナウイルス問題による問題や気象の変化等で人類は大きな試練と転換期にあります。
イギリスから発した産業革命、資本主義経済という欲望の時代が20世紀まで発展し続け、私達はその恩恵に酔いしれていました。
私が2002年椎野正兵衛商店を再興しましたのもこの期を捉えないとデジタル社会が人の生活感を変えてしまい今までの人類の歴史的な文化が危うくなると考えたからでした。
物つくりによって継続されてきました人びとの文化をもう一度見直そうと試みました。
そのような動きからか一昨年頃からアメリカやイギリスの博物館とのやりとりが多々ありましたところVictoria&Albert Museumにおきまして日本の着物文化が世界に与えた影響を中心とした催事が組まれ、その中に1870年代のS.SHOBEYの刺繍ドレッシングガウンが展示されることになりました。
催事は今年2月16日から始まりましたが、あいにくのコロナ騒動で3月に入り博物館が入場禁止となり見ることができなくなってしまいました。
この度その映像が博物館により公開されました。
催事はコロナが落ち着けば10月より再開するそうですが今の所決定されてはおりません。
その一部をご覧いただけます。
全体の映像は博物館のhome pageでご覧ください。


https://www.youtube.com/watch?v=dvyC_pqYhvw&list=PLe2ihXndm5jtNACjllBkZstI0H8ts251S&index=3