1881年
明治14年
英国アリス・メアリ-・レイ夫人の世界一周旅行記に紹介される
「"S.SHOBEY"は、現代の刺繍を売る大商店で、屏風、掛軸の絵、刺し子の 上掛け、部屋着、その他あらゆる種類の小間物を、非常に手頃な値段で買うことができ る。」と記されており、さしずめ絹製品を中心としたセレクトショップの先駆けの体を成 していた
当時の海外では正兵衛商店は品物の確かさと価格の正当性が評判であった
第二回内国勧業博覧会出品 有巧賞牌一等賞受賞
正兵衛内国博覧会審査委員と なる
1882年
明治15年
マフラー、ストール、ネクタイ、スモーキングジャケット、テーブルクロス を製造のアイテムを広げてし輸出を拡大する
以前にあった横浜、小田原、桐生、京 都、石川、甲府、岐阜の工場とともに、増産の体制を整える
1885年
明治18年
縮緬製の絵ハンカチ(今のスカーフの原点)世界中に波及し、米国のメイソ ン社、仏、英で大好評を得る
当時世界市場のほとんどを占有していた
ドイツ・ ライプツィヒでAS.ASHOBEYデザイン帳『鶴と竹』の図出版
手代 鈴木賢吉独立
1886年1887年
明治19年20年
賢三、正兵衛龍池会入会 正兵衛終身会員となる
龍池会 の図案応募(卓被)で正兵衛二等入選
龍池会、日本美術協会と改称
海防費(千 五百圓)献金
1888年
明治21年
バルセロナ万国博覧会 S.SHOBEY刺繍ストール、刺繍つい立などを賢三が 出展
正兵衛、起立工商社と相容れず反目直接不参加

横浜同好会に入り美 術展覧会に出品 以降、春秋展覧会に刺繍作品を多数出品
1889年
明治22年
黄綬褒章受賞 正兵衛50歳
1890年
明治23年
第三回内国勧業博覧会出品
ショール、ドレッシングガウンにて有巧賞 牌一等賞受賞
刺繍花鳥図にて美術両部門二等妙技賞受賞
同博覧会の組物/編物 /総類/繍物/染物/各審議官となる
1891年
明治24年
10月濃美大震災
被害地復興のため刺繍教師を大垣地方へ派遣地場産 業育成、後の一宮繊維産業となる
1892年
明治25年
横浜絹織物商組合設立 初代頭取就任
1893年
明治26年
シカゴ・コロンブス万国博覧会 刺繍額4点出品
同出品の一つ『琥珀地 山水図』が東京国立博物館に収蔵
1894年
明治27年
8月日清戦争開戦
1895年
明治28年
第4回国内勧業博覧会出品 有巧賞牌二等受賞

同博覧会衣服装飾 その他雑品部門審議官就任

横浜商工会議所設立嘆願書に署名 同年設立

絹物手巾(ハンカチ)輸出最高額となる
1896年
明治29年
横浜貿易銀行設立、取締役就任

輸出貢献により藍綬褒章授章
1899年
明治32年
横浜輸出絹業組合結成、初代組合長就任 正兵衛60歳
1900年
明治33年
パリ万国博覧会出展

11月8日正兵衛死去(享年61歳)
1881 British lady, Mary Alice Ray, who travelled to Japan in December, mentions in her worldwide travel diary that, “...Shobey’s is the great emporium for modern embroideries, where an unrivalled collection of screens, hanging pictures, quilts, dressing gowns, and every sort of nic-nac can be purchased at very moderate prices”

S.Shobey justifies his reputation for high quality items at affordable prices
Wins first prize at the Second National Industrial Exposition in Japan
Shobey appointed as jury member
1882 Expands manufacturing and exports of mufflers, stoles, ties, smoking jackets, and table cloths.

Streamlines system of production with factories in Yokohama, Odawara, Kiryu, Kyoto, Ishikawa, Kofu, and Gifu
1885 Popularity of handkerchiefs made of crepe (from where scarves today originated) spreads around the world.

Global market dominated by S.Shobey.

Design book titled “Bamboo and Cranes” by S.Shobey published in Leipzig, Germany

Assistant manager Suzuki Kenkichi becomes independent
1886 Kenzo and Shobey Shiino join the Ryuchikai (art association) as life members
1888 Shobey exhibits embroidered stoles at Barcelona World Exposition

Kenzo also has embroidery stand at expo.

Shobey exhibits many items later in the year at art spring/autumn art exhibition at the Yokohama club
1889 Awarded yellow ribbon

Shobey turns fifty years old
1890 Exhibits items at the third domestic exposition

Wins first prize medal for shawls and dressing gowns

Wins second prize in both sections of flower and bird embroideries
1891 The Nobi (Mino-Owari) Earthquake strikes in October

Dispatches embroidery instructor to Ogaki area to help resume production.  Later to become Ichinomiya textile industry
1892 Yokohama silk union established.  S.Shobey appointed first president
1893 Exhibits four embroideries at the World Columbia Fair in Chicago

One of the exhibits (“Amber landscape view”) is in a collection at the Tokyo National Museum.  Two of the exhibits are at the Chicago Field Museum.
1894 The Sino-Japanese War begins
1895 Exhibits at the 4th domestic industrial exposition

Wins 2nd prize

Appointed deputy director general of miscellaneous items at expo

Signs petition to start Yokohama Camber of Commerce and Industry Establised same year

Exports record numbers of silk handkerchiefs





1896 Yokohama Trading Bank establised

S.Shobey appointed as a board member

Awarded medal for exports
1899 Yokohama silk industry export union formed

Appointed first president

Shobey turns sixty
1900 Exhibits at World’s Fair in Paris

Shiino Shobey dies November 8 (aged 61 years old).