1904年

明治37年
セントルイス万国博覧会 二代目正兵衛(鉦三郎)出品

レース刺 繍/男女子供用正装服
1905年

明治38年
横浜商工会議所月報S.SHOBEY紹介記事(109号/11月)
1916年

大正5年
全国商工人名祿に合資会社椎野正兵衛商店記載
1921年

大正10年
合資会社から株式会社へと改組 資本金参拾萬圓

1923年

大正12年
関東大震災 横浜大火にロリ正兵衛商店、賢三商店ともに消失

二 代目正兵衛妻マサ、家屋の倒壊により死去

正兵衛自宅も焼失
1925年

大正14年
株式会社椎野正兵衛商店 資本金参拾萬圓

会社存続も二代目正兵 衛、長女婦美子の婚姻先(東京六本木北里柴三郎邸に疎開)

1944年

昭和19年
二代目正兵衛(鉦三郎)死去(享年73歳)2月19日

椎野正兵 衛商店休業
1992年 椎野正 兵衛商店を再興するべく4代目に当る秀聰が調査を始める。
2002年 2002 年2月22日、4代目椎野秀聰、横浜シルクの世界進出、最高級の絹製品の製造販売に着手  椎野正兵衛商店復活開業横浜赤レンガ倉庫1号館に出店
メイド・イン・ヨコハマのス カーフ製造開始
2003年 純国産 のシルク蚕に着手。世界で一番細く博銀色に輝く「はくぎん」をはじめ、正絹糸の製造、 スカーフ、ネクタイ、扇子、傘の製造を再開。
2005年 本店を 横浜赤レンガ1号館から横浜山手町に移す。
初代正兵衛の明治初期のデザイン帳が発見される
衆議院の海外贈呈 品に椎野正兵衛商店のスカーフ、ネクタイ、扇子などが認定される
スウェーデン王 立アカデミーの依頼でスタンドル(憲章旗)の生地及びフリンジを制作
2006年 事務所 本拠を東京世田谷に移し、山手アトリエ本店を閉店
総シルク・バッグの製造を開 始
2008年

洞爺湖サミット参加G8及びEUの首脳へS.SHOBEY総絹風呂敷が贈呈される
2009年 横浜開 港150周年

S.SHOBEYドレッシングガウン里帰り/横浜シルク博物館で展示

同S.SHOBEYデザイン帳、日本刺繍ストール、色絵手巾を復刻展示

1860年製造のドレッシングガウンのボックスアメリカで発見展示

歴史的写真、広告などを展示
2010年 椎野賢 三四代目椎野弘之氏と会談 椎野正兵衛商店と椎野賢三商店の資料及び歴史の確認と今後 の協力体制を確立 ともに大震災や大戦の爆撃による事業の中止の整理を行う

同年よりS.SHOBEYオーナードサロンを年2回開催

2011年 フランスのパリから1870年代 に横浜から輸出 されたドレッシングガウンが発見され椎野正兵衛商店に収蔵

2012年 『はく ぎん』オーガンジーショールが日本物作り大賞内閣総理大臣賞を受賞
椎野正兵衛商 店と椎野賢三商店の歴史を編纂し文書としてまとめる
松本零士とのコラボレート作 品を制作
2013年 椎野 賢三の、1890年頃の女性用スプリングコート刺繍付を収蔵。同時にロングケープを収蔵する

イギリスより鶴の刺繍の入ったドレッシングガウンを収蔵。1890年頃の S.SHOBEY 壁掛け用シルク画集及び写真を、エッチングで写したシルクの小扇子をイギリ スより寄贈される。

2011年収蔵のドレッシングガウン刺繍付と、2013年収蔵 の賢三のコートを、京都服飾財団に寄贈。
2014年 アメ リカより、男性用シルクローブを収蔵
2015年 イギリスよりビクトリア女王が1877年インド帝国の皇帝に即位した際に当店が製作した皇帝紋章(Coat of Arms)を収蔵(スミソニアン博物館に収蔵されているものと同じもの)

イギリスより江戸末期から明治初期にかけて当店より販売された、洋装用生地のパッケージ及びカットされた生地を含む浅葱色の絹生地を収蔵

世界遺産、国宝となった「富岡製糸場」にて、S.SHOBEY展を開催。S.SHOBEY、賢三の収蔵品を展示
2016年 10月23日 英国王室に、S.SHOBEY絹製品(ストール3点、スカーフ2点、ハンドバッグ、扇子、ハンカチーフ)計8点を納入。

2016年12月20日にバッキンガム宮殿 エリザベス女王陛下より感謝状を受理
1904 Shiino Shozaburo (2nd generation) exhibits at the World's Fair in St. Louis
Starts making mens, ladies and children’s dress suits with lace embroidery
1905 Introductory article about S. Shobey in Yokohama Chamber of Commerce monthly periodical (Nov. issue/No. 109)
1916 Joint- stock company Shiino Shobey listed in the National Chamber of Commerce
1921 Reorganized capital participation Corporation from joint-stock company.

Basic capital 300,000 yen
1923 Both Shobey stores are lost in the Great Kanto Earthquake and fire in Yokohama

Second generation Shobey’s wife, Masa, is killed when house collapse
Shobey family home is also destroyed by fire





1925 Company survives and family evacuates to home in Roppongi, Tokyo (owned by Kitazato Shibasaburo who is the husband of Shiino Shozaburo’s oldest daughter, Fumiko
1944 Shiino Shozaburo (2nd generation) dies February 19, aged 73.  S.Shobey Silk Store ceases business
1992 Shiino Hidesato, the great-great grandson of Shobey investigates the feasibility of reviving the S. Shobey Silk Store
2002 S.Shobey Silk Store reopens in Yokohama at the Akarenga (Red Brick) Warehouse on February 2, 2002.  The fourth generation, Mr. Shiino Hidesato, restarts the business with the aim of expanding the knowledge and use of Yokohama silk globally by manufacturing and selling silk products of the highest quality

Starts producing scarves 100% Made in Yokohama from 100% pure Japanese silk
2003 Uses purely domestic silkworms

Starts production of thinnest silk thread in the world (‘Hakugin’)

Resumes production of silk yarn, scarves, ties, fans, and umbrellas.
2005 S.Shobey Silk Store moves from Akarenga to Yamate, Yokohama

Original early Meiji Era S. Shobey design book discovered in Japan

S. Shobey scarves, ties and fans selected as gifts to be given by members of the House of Representatives when abroad

Commissioned to produce a fringe and cloth stand specifically for the Royal Swedish Academy
2006 S. Shobey office moves to Setagaya ward in Tokyo

Yamate store is closed

Starts manufacturing fine quality ladies silk bags
2008 S. Shobey silk wrapping cloths are presented to the leaders of the EU and G8 Summit held in Toyako, Hokkaido
2009 150th anniversary of the founding of S. Shobey Silk Store

Also 150th anniversary of the opening of the port of Yokohama

Exhibited an original S. Shobey dressing gown at the Yokohama Silk Museum

Also S. Shobey design book, embroidered products

Very rare and original S. Shobey dressing gown box dated 1860 found in the United States is also exhibited along with early S. Shobey-related photos and ads.
2010 In order to help clarify the details of the suspension of business caused by the Second World War and earthquake in 1923 and to establish a cooperative framework with documentation, Shiino Hidesato and his relative Shiino Kenzo meet twice a year to discuss and confirm information
2011 The S. Shobey Silk Store discovers and acquires an original dressing gown that was exported from Yokohama in the 1870s to Paris, France
2012 ‘Hakugin’ (thinnest silk thread in the world) organza shawl wins the Prime Minister’s Japan Manufacturing Grand Prix

Remaining historical documents are summarized and compiled in order to build a history of both Shiino Kenzo’s stores and Shiino Shobey’s stores

Produces a range of products through a collaboration with Matsumoto Leiji, a well-known manga artist in Japan
2013 Acquired a ladies' embroidered spring coat made by Kenzo Shiino circa 1890.  A long cape acquired at the same time. 

Acquired in the UK, a dressing gown with embroidered cranes from the UK.

Received donation of S.SHOBEY silk wall-hangings circa 1890 artwork as well as photographs and small folding silk fans with etchings.

Donated embroidered gown acquired in 2011 as well the above-mentioned spring coat by Kenzo Shiino to The Kyoto Costume Institute.
2014 Acquired a men's silk robe from the USA.
2015 Acquired from the UK an embloidered coat of arms made by S.Shobey for Queen Victoria when she became Empress of India in 1877 (an almost identical embroidery by S.Shobey is in the collection of the Smithsonian Museum).

Acquired from the UK a very early (circa mid 1860s - early 1870s) wooden tube containing a partially cut roll of silk fabrics made by S.Shobey.

S.Shobey exhibition held at Tomioka Silk Mill, a UNESCO World Heritage Site and a national treasure. Original S.Shobey and Kenzo Shiino items exhibited.
2016 On Octobe 23rd eight S.Shobey silk products (3 stoles, 2 scarves, 1 handbag, 1 folding fan, and 1 handkerchief) were sent to the British royal family.

On December 20, 2016 a letter of acceptance and thanks was received from Her Mafesty Queen Elizabeth.