1839年
(天
保10年)
1月17日、相州小田原に椎野正兵衛誕生
1859年
(安
政6年)
横浜開港
伊勢屋徳兵衛商店(加太八兵衛商店横浜支店)開設
伊勢徳 /海外部門 S.SHOBEY 創業 正兵衛20歳
S.SHOBEY SILK STOREの英字看板 を掲げる
桐生小野里喜左衛門横浜来訪 伊勢徳及び正兵衛と接触
1860年

(万延1年)
絹織物製品と特に日本の伝統工芸品と西洋の洋品の製造を急進的に行う
S.SHOBEY 米捕鯨船船長へピンストーン夫人のドレッシングガウン販売
1864年
(元
治元年)
椎野正兵衛26歳伊勢徳全店を譲り受け椎野正兵衛商店とし、屋号を『小野 屋』(通称小野正)とし業績を伸ばす。 海外から寄港する人たちの絹製品セレクトショッ プとして名声を得て、数々の製品(ドレス、ガウン、ハンカチーフ、絹屏風、刺繍製品な ど)が評判となる
1865年

應1年
桐生機業者江原貞蔵と桐生4丁目に調査開発のための店舗出店

小野里 喜左衛門と組み縮緬手巾をオランダ商館より輸出
1868年

治1年
S.SHOBEY店舗外国文献(CHINA MAGAZINE)に登場

神奈川県誕 生
1869年

治2年
横浜通商為替会社設立 株主となる(正兵衛出資3275両)

正兵衛 30歳、同社にて外国応接方担当
翌年外国文書方担当
1871年

治4年
江原貞蔵とフランス綾織を開発(新縞綾織亀綾斜子織)

S.SHOBEY ドレッシングガウン8ドル(8円)の記載あり

1873年
(明
治6年)
政府の要請により、正兵衛義弟(妹婿)の賢三とともに2月28日よりウィーン万国博覧 会に出展
褒賞受賞 
ヘムステッチ 及び刺繍のハンカチーフ、靴下、ティーガ ウン、カーテン、ショール、パジャマ、帽子、テーブルクロス、マフラー、ネクタイ等の 絹織物を出品し、大好評を得る 
12月31日正兵衛帰国
1874年

治7年
小田原に手巾加工工場建設、羽二重による手巾製造
羽二重を西陣で織ら せ、後に桐生で生産
賢三オーストリア、ドイツの絹織物工場視察、8月19日帰国
横浜通商為替会社、第二国立銀行に改組
1875年

治8年
6月、横浜税関記録に正兵衛商店の直輸出記録、日本で始めての直貿易を開始。
ドレス、ドレッシングガウン、パジャマ、マフラー、ハンカチなどを直輸出
1876年

治9年
フィラデルフィアの万博にてハンカチーフを主として、タペスストリー他装飾品 等特殊な絹製品を出展
刺繍製品で褒賞受賞
日本刺繍を施したハンカチ、ドレッ シングガウン、ストール、タバコケース。ベッドカバーなど多数出品
正兵衛刺繍製 品の受注増加に伴い松義工房横浜支店を開設
1877年

治10年
第一回内国勧業博覧会出品
ドレス、布団カバー、枕、カーテン、ベッド カバーなど神奈川県として木製キャビネットに装飾展示
この時期ドレッシングガウ ンを大量に製造(年間3000着)

ビクトリア女王の「紋章付き外衣」につけ られた紋章を製作する。
1878年

治11年
パリ万博に出展 タペストリーを始め、傘、扇、スモーキングジャケット、 ティーガウン等大量の高級絹製品を出展し、喝采を得る
刺繍額で賞牌受賞
女性 刺繍工養成のため横浜に『脩養社』設立
1879年

治12年
「The Japan Directory」にSHOBEYとして英文広告を出す 以後毎年掲載
義弟椎野賢三 分離独立
1880年

治13年
メルボルン万国博に出展。世界で始めての絹スカーフの原型とも言うべき ショール製品が出来上る
このショールが三等賞/ドレッシングガウン三等賞 受賞
横浜正金銀行設立
正兵衛商店の羽二重ベンダー水島商店が手巾(ハンカチ)の 直輸出をして事件を起こし、以後正兵衛一切のサンプル出し、技法の公開を避ける

1839 Shiino Shobey born on January 17th
1859 Yokohama port opened to the West

S.Shobey founded by the then 20-year-old

Places a sign in English outside his store
1860 Produces Westernized silk goods using traditional Japanese techniques
1864 At 26 years old, takes over all of Ise Tokubei's stores and expanded the name of Onoya.  He gained fame as the place to visit for overseas visitors and cemented his reputation for fine quality silk dresses, gowns, handkerchiefs, silk screens, and embroidered goods.
1865 Opens a research and development center at Kiryu 4-chome with Ebara Teizo Exported silk crepe products with Onozato Kiemon from a Dutch trading house
1868 S.Shobey appears in 'China Magazine'

Kanagawa Prefecture establised
1871 Develops new French twill weave with Ebara Teizo (Striped tortoise twill weave)

Record of S.Shobey dressing gown costing $8 (8 yen at the time)
1873 Won prizes at the Vienna Exposition from February 28th where he exhibited items with his brother Kenzo at the request of the Japanese government

Sells popular hemstitch as well as silk embroidered handkerchiefs, socks, tea gowns, etc.

Shobey returns to Japan on December 31th
1874 Establishes handkerchief processing plant in Odawara, manufactures habutae handkerchiefs.  Weaves Nishijin habutae later produced by Kiryu

Kenzo visits silk factories in Austria and Germany.  Returns to Japan August 19th

Trade exchange company reorganized into the Yokohama Second National Bank
1875 In June, the merchant's direct export record shows Shobey's Yokohama Customs records.  The first direct export trade in Japan.

Directly exports dresses, dressing gowns, pajamas, scarves, handkerchiefs, etc.
1876 Exhibits mostly handkerchiefs as well as silk tapestries and other exclusive silk products at the Philadelphia Exposition

Wins prizes for his embroidered products

Exhibits numerous Japanese embroidered handkerchiefs, dressing gowns, stoles, tobacco cases, and silk bed covers

With orders increasing for Shobey’s embroidered products, opens Matsuyoshi factory branch in Yokohama
1877 Exhibits duvet covers, pillows, curtains, bedspreads at the First National Industrial Exhibition in Tokyo
Record of exhibition photo showing dress in wooden display cabinet in the Kanagawa Prefecture section
During this period, manufacturs large number of dressing gowns (around 3,000 per year)
1978 Exhibits tapestries at the Paris Expo, as well as fine silk umbrellas, fans, smoking jackets, large number of tea gowns, to great reviews

Embroideries again win medals

Establishes in Yokohama ''Company culture Osamu'' training for women embroidery factory
1879 S.Shobey listed yearly in The Japan Directory

Kenzo starts separate business
1880 Exhibits at Melbourne Exposition.  Shobey can claim production of the world's first silk prototype scarves/shawls

Shawl and dressing gown awarded third prizes

Yokohama Specie Bank establised