Topics

 

明治時代の世界の定番ドレスが完成しました。 [2016/10/13 トピックス 記述者:店主]

先日ご案内させていただいた横濱馬車道 信濃屋150周年記念 鹿鳴館時代復刻ドレスが出来あがりました。ドレス地にはS.SHOBEYのシルクが用いられ、信濃屋アトリエのデザインで縫製技術の優れた人たちにより作られました。張りのある古代織地と品位と光沢のある平織地のコンビネーションにより、ドレープの美しい作品に仕上がりました。
残念なことに最近は捺染技術や染色技術の質の低下から世界のトップブランドのプリント色もくすんで美しい彩色がほとんど見られなくなってきました。
今回のコラボレーションはかって明治の初期から世界を席巻した横浜のシルク織物の質の高さを遺憾なく発揮させ、最高の織物と江戸の末期から洋装品の世界で世界にその名を馳せたS,SHOBEYとSHNANOYAの技とセンスを結集して製作しました。来月のサロン会で皆様にお披露目いたします。
本物の日本のシルク、横濱シルクを是非ご覧ください。