Topics

 

英国女王陛下への献上と礼状の拝受 [2017/1/1 コラム 記述者:店主]

新年あけましておめでとうございます。
昨年も当店をご愛顧くださいまして心より御礼申し上げます。
本年も引き続きよろしくお引き立てのほどお願い申しあげます。

新年にあたりまして嬉しいニュースをお届けいたします。
2016年10月、英国エリザベス女王陛下にS.SHOBEYの絹製品をお納めするという栄に浴しました。
内容はバッグ1点、オーガンジーストール1点、ストール2点、スカーフ2点、オーガンジー扇子1点、ハンカチーフ1点の計8品でございます。
椎野正兵衛商店と英国王室との関係は、およそ140年前に遡り、1877年、ビクトリア女王のインド皇帝就任の際、皇帝の紋章(アームコート)を初代椎野正兵衛が製作したことに始まります。このたびバッキンガム宮殿と何度かのやりとりの後、女王陛下が私どもからの贈呈をお受けくださるとの連絡がありました。女王陛下のお好みのお色などをお聞きしましたところブライトカラーをお好みとのことですがこちらで選んでいただきたい旨のお言葉をいただきましたので上記の8品に決め、10月23日にお送りいたしました。
そして12月16日付のバッキンガム宮殿からの御礼状を拝受いたしました。

We are pleased to announce some very good news for the New Year.
In October 2016, we were honoured to send a number of S. Shobey silk products to Her Majesty Elizabeth the Second.
The items sent consisted of one silk bag, one silk organza stole, two silk stoles, two silk scarves, one silk organza fan and one silk handkerchief, making a total of eight items.
The relationship between the S. Shobey Silk Store and the British royal family dates back about 140 years ago when, in 1877, Queen Victoria became the Empress of India. That year our founder, Shobey Shiino, was commissioned to produce an exquisitely embroidered silk coat of arms for the occasion. After several recent interactions with Buckingham Palace, we were very happy to learn that Her Majesty was willing to accept these gifts from us. We learned about the favourite colours of Her Majesty and selected the above-mentioned eight items based on the vivid colors Her Majesty is fond of and on October 23, 2016, the items were sent. We were very grateful to receive a personal thank you note from Buckingham Palace on December 16th, 2016, saying that Her Majesty was very happy to receive these special items.